My Dog Jackie

ジャッキーと暮らす日常のいろいろ

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピスコの津波の話

2013-05-10-Fri-12:47
ナスカの地上絵を見た後で、空港の近くのレストランで

お昼ごはんを食べることになりました。

日干しレンガでできた街並みをバスで行くとこんな標識が。

たぶん「津波避難ルート」と書いてあると思われます。

130509 (8)

海岸のそばのレストランで食事を取っている時に、

お店のおじさんに津波の事を聞いてみました。

「3.11の次の日、朝5時半くらいにこの辺まで津波が来た」と、

おじさんは自分の腰のあたりに手をおいて説明してくれました。

レストランにもかなりの被害があったようです。

目の前の海岸に並んでいる漁船も打ち上げられてきたとか。

130509 (9)

このワンコは無事に逃げられたのかな?

よかったね~

130509 (10)

ペルーは日本と同じ地震国です。

最近では2007年8月にマグニチュード8.0の大きい地震がありました。

このピスコの町にもかなりの被害があり、家屋の約80%が倒壊し、

430人の市民が死亡、うち100人は市の広場にある聖堂で

ミサの最中に聖堂が倒壊して亡くなったそうです。

でも、M8クラスの地震がたびたびあるのに、この辺の家は

相変わらず日干しレンガを積み上げただけの家ばかり。

もう少しちゃんとした家を建てれば被害も少なくなると思うけど、

貧しくてそれも無理なのかなぁ。


そして、ペルーの街並みを見ていて一番気になったのがこの屋根。

ん?まだ工事中?

130509 (11)

これはホテルの窓から下の家を見たところですが、

こんな屋根の家がたくさんありました。

ガイドさんの話では、家を完成させてしまうと税金が高くなるので

まだ建築中ですよ~と言いつつ、しっかり住んでいるとの事。

中は結構きれいにしているそうです。

それにしても屋根の上が汚いし、ゴミだらけ・・・

雨が降ったら水が溜まったりしないのかなぁと思ったら、

この辺は砂漠地帯なので雨はほとんど降らないとか。

なるほどね~

地球の裏側でもみんなたくましく生きているんですね!

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。