My Dog Jackie

ジャッキーと暮らす日常のいろいろ

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーカス好き

2011-04-28-Thu-23:24
じつは、サーカス好きです。

でも、サーカスといっても動物が出てくるやつ(ボリショイとか木下とか)はダメ。

動物が芸をしているのを見ると、不憫でかわいそうだし、
それに、子供の時に見たサーカスの象さんが臭かった・・・

昔、秋祭りの時だけ、ほんの3日間くらい転校?してきた子供がいました。

町内の神社のお祭りに来るサーカスの団員の子供たちです。

ちょっとだけクラスに顔を出して、あっという間にいなくなる。

あんなんで学校に行っていると言えたのかなぁ。

そんなこんなの理由でサーカスというのは苦手でした。


でも、20年近く前、「シルク・ド・ソレイユ」というサーカスを見た途端に

そんな偏見はぶっ飛びました!

今までのサーカスとはまったく違うサーカスでした!

「シルク・ド。ソレイユ」フランス語で「太陽のサーカス」という意味です。

本部はカナダのケベック州にあって、団員は世界中から集まり、
世界中で公演をしているサーカス集団です。

1992年の「ファシナシオン」から始まって、今回の「クーザ」で7回目の公演。

その「クーザ」を見てきましたよ!

kooza

日本での公演のすべてをみたわけではないけど、見るたびに感動です!

今回の「クーザ」の最大の出し物はこれ。

kooza

このビュンビュン回る大車輪の中や上で(!)子鬼のようなファッションのお兄さんたちが
飛びまわったりジャンプしたり!

いやいや、今回も大迫力でありました。

今回は余震が続く状況でもあり、そういう意味でドキドキハラハラの場面も多く、
地震多発国での公演は大変だなぁと感じました。

さあ、いつかラスベガスに行って「O(オー)」と「KA(カー)」を見るぞ~! 

とりあえず言っとけば、もしかしたら実現するかも?
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。